TOP / 採用情報 / 次代の医師を目指す 医学生へ伝えたいこと

Interview

Interview: 郡司 竜太郎 先生 (医師×講師)

次代の医師を目指す医学生へ伝えたいこと

Profile:

郡司 竜太郎 先生 (医師×講師)
医学部医学科卒業後、2年間の初期研修を終え、臨床医へ。内科医として患者を診る傍ら、学生時代からの目標である講師になりたくM3 Educationで教壇に立つ。「聞かせる授業」「病態・臨床像から突き詰める授業」が特徴で、本科、個別指導で抜群の指導力・講義評価を誇る。臨床・講義を通じて医療圏を少しでも良くすることが生涯目標。

M3 Educationでは、現役の臨床医が講師を務めるのが強み。普段は総合病院で内科医として働く郡司竜太郎先生もその一人だ。

内科医としてだけでなく、学生の時からの夢であった講師として。どちらもやりたいと思えたことであり、妥協したくなかった。

医師と講師、どちらかではなくどちらも選択できた

進学校で高校教師をしていた父親の姿がかっこよく思えて、中学生くらいまでは高校教師になる夢を抱いていました。教室で黒板を使って同級生に教えたりもして(笑)。でも、高校1年生くらいのときに医学の奥深さを知り、どれだけ自分がステップアップしていっても先が見えないところに魅力を感じましたね。この時に直感で「医学部しかないな」と思ったんです。医学はいろいろな科目があるし、学ぼうと思えば深くいくらでも勉強できるんですよ。その終わりのなさが一番の決め手になりましたね。

専門を決めるときも、目に見えない細かい病態を考えるのが好きで、内科医を選びました。将来は町の地域医療に携わりたい想いもあるので、臓器に限らず、総合的に診られる医師になりたいと考えたからです。

学生のうちは、臨床医になったら、講師になって教壇に立つことはできないだろうな。どちらかを選ばないといけないのかなと思っていました。なので、講師の誘いを受けた時には、とても嬉しくて、返事は即答でしたね。自分の夢がこんなにも早く叶ったことに驚くと同時に、責任感が増しました。

M3 Educationでは免疫や脳神経、直前講習では内科からマイナー全科目など、産婦人科を除くほぼすべての科目を教えています。講義は通年で行うものから短期間の集中講義まで、内容によってさまざまです。医師と講師のバランスとしては、月~金曜の平日は病院勤務で、予備校での講師は土日。休みがないので大変じゃないと言えば嘘になりますが、自分が望んでやっていることなので苦ではないですね。それに、臨床での知識が講義に役立つのはもちろん、その逆のこともたくさんあるので刺激になっています。

医師になったときに役立つ知識を

自分が担当する講座では、テキストを一から自身の手で作ることにこだわっています。というのも、そのほうが、疾患に対する考え方をはじめ、自分が教えたいことを妥協しない講義ができるから。私が実際に患者さんを診ていて感じるのは、教科書に書いてある、いわゆる疾患に典型的な症状の方は少ないということです。むしろ、目に見える症状の裏で何が起こっているのかを想像しながら診察することが、現場の医師には求められます。そのためには疾患を病態から理解しておくことが重要なんですよね。

疾患を病態から理解すると、覚えることは格段に減って、臨床現場で診療するときも有利です。だから、丸暗記とか語呂合わせを講義中に話したことは一度もないですね。これらは、試験対策としてはいいかもしれませんが、生きた臨床に繋がらないからです。

私自身、医師になったときに、国家試験対策の勉強と臨床とのあいだにギャップを感じたので、病態から理解して原因を導ける能力を学生のうちから身に付けてもらえたらとの想いで取り組んでいます。

妥協しないこと、それこそが新しい自分を生み出す

臨床をしていて、日本の医療は現在、病院と地域の医師、施設などの連携がうまく取れていないと感じます。患者が望まない不用意な入院、不必要な医療が行われていることも多々あり、バランスが悪い状況にあります。でも、連携が取れるような発案、システムがあれば、きっと不要な入院や過剰な医療費は減らせるはず。医療費を削減することで、誰もが長い将来、適切な医療を受けられる環境を作る。私の関心の全ては今、ここに繋がってます。

M3 Education 自分で考えられる医師を育てることは、医療圏の改善に向けた大きな一歩になるんじゃないかと思っています。目標であった医師と講師を兼務していたら、新しい目標が生まれてきてすごく新鮮です。やっぱり妥協しないことが一番重要ですね。

今は臨床や学生たちへの指導を通して医療教育に関わっていますが、M3 グループでもっと広い範囲に携わって、日本の医療圏を少しでも良くすることが今の私の目標です。

Other Interviews

We’re Hiring

チームで最高の学習体験を
創るために、
一緒に実現できる
仲間を探しています。

社員 社員 社員