テコム 出版事業部
医学関連書籍のご案内






『チャート医師国試対策』シリーズ
  [シリーズの説明を見る]
チャート 脳神経外科 (第4版)

3D-CTなどの最新の画像・知見を盛り込み,大幅リニューアル! 診断から治療まで,国試・研修対策はこれ1冊で!

チャート 脳神経外科 (第4版)

販売中
   紙書籍 
三木 保(東京医科大学教授)編
著者一覧
B5判,362頁,2色刷(一部4色刷)
2011/10/17発行
¥4,620(本体¥4,200+税¥420)
ISBN 978-4-86399-107-1
3D-CTやPET,SPECTなど,最新の画像・知見を盛り込み,ポイントをわかりやすくまとめて大幅リニューアル。診断学から治療学までを1冊で完結できる。
ガイドライン(医師国家試験出題基準)に記載されている全範囲を対象とし,国家試験に対処する上で必要不可欠な項目が習得できる。
本文中の随所に,必修・禁忌事項などをまとめた“CHART”を掲載。ポイントが一目でわかる。
各章末に,国試問題をベースとした1問1答形式の「チェック問題」を掲載(解説付き)。効率的に理解度を確認できる。

 多くの若い臨床医には,いつまでも手放したくない,医学生時代の手垢が付くまで使ったテキストというものがあります。それらの特徴は,単に学習事項の羅列ではなく,優先度と重要度が意識された上で,理解すべき事項が基礎的項目から応用項目に至るまで有機的かつコンパクトにまとめられているという点ではないでしょうか。
 近年,医師国家試験もbrush-upされ,従来の暗記型よりも,実地で求められる問題解決型の洗練された出題が多くなっています。したがって医師国家試験を目指す医学生にとってまさに必須のテキストは,前述のようなものではないかと思います。
 本書は,平成5(1993)年の第1版発刊以来,多くの医学生によって,初期研修医になってから,さらに,内科,外科の研修においてまでも愛用されています。
 本書の特徴は,神経はなじみにくい,不得意だという方にとっても,神経診断学,神経画像診断学,そして治療までをもわかりやすく一冊で完結できるようにまとめてあるという点にあります。また,今回の改訂では,各分野で学生・研修医指導に情熱みなぎる先生方に,最新の知見を折り込みつつ,医学生として,研修医として理解しておくべきポイントをわかりやすくまとめていただきました。もちろん,医師国家試験にも対応できています。
 頭痛,めまい,嘔吐などは卑近な症状でありますが,これらの症状に対して鑑別を要する疾患は膨大です。一方,脳神経外科学の対象となる脳卒中,脳腫瘍,頭部外傷なども同様な症状で発症します。また,これらの疾患は適正な診断治療がなされないときわめて重篤な結果に陥ることも少なくありません。
 脳神経外科は特別な科目ではありません。患者さんを診るときには必ず必要となる知識の一つです。読者の皆さんが医学生の時代に本書を手に取ることにより,脳神経外科学の根幹をなす神経学から外科治療までの実際に役に立つ知識を基本から学び,そしてそれが医師としての幅広い臨床能力に結びつくことを願ってやみません。
 最後に,ご多忙の中ご執筆いただいた先生方,ならびに編集にお力添えをいただいた医学評論社編集部に深く感謝申し上げます。

 平成23年9月吉日

三木 保  

目次
Ⅰ 総論
 1 診察・診断(栗栖 薫・木下康之)
  医療面接
   1 医療面接の前に
   2 話の進め方
   3 問診
  神経系の診察
   1 一般的診察
   2 脳神経
   3 運動系
   4 感覚系
   5 反射
   6 髄膜刺激症状
  中枢神経の構造・機能
   1 大脳の局在機能・障害
   2 小脳の機能・障害
   3 脳幹の局在機能・障害
   4 脊髄
  脳神経外科の境界領域
   1 眼科領域
   2 耳鼻科領域
   3 内分泌内科領域
   4 婦人科領域
   5 歯科領域
  チェック問題1

 2 主要症候
  意識障害(池田幸穂)
   1 脳神経外科疾患と意識障害
   2 意識障害の重症度分類
   3 意識障害の評価法
   4 特殊な型の意識障害
   5 脳死
   6 意識障害時の診察法
  頭蓋内圧亢進と脳ヘルニア(島 克司)
   1 頭蓋内圧亢進の病態
   2 頭蓋内圧亢進の原因
   3 頭蓋内圧亢進の症状
   4 頭蓋内圧モニタリング
   5 脳ヘルニア
   6 頭蓋内圧亢進の治療
  脳浮腫(山内康雄)
   1 病態と概念
   2 原因
   3 症状
   4 画像診断
   5 治療
  頭痛(服部剛典・宮城知也・重森 稔)
   1 頭痛に関する解剖
   2 分類
  認知症(服部剛典・宮城知也・重森 稔)
   1 鑑別
   2 外科的治療が有効な認知症
  けいれん(服部剛典・宮城知也・重森 稔)
   1 てんかんの分類
   2 てんかんの原因と頻度
   3 難治性てんかん
   4 てんかんの診断
   5 てんかんの治療
   6 けいれん重積状態
  チェック問題2

 3 画像検査(中島伸幸・三木 保)
  頭部単純X線撮影
   1 撮影法
   2 読影法
  X線コンピュータ断層撮影(X線CT)
   1 原理と技術
   2 検査の種類
   3 検査の安全
   4 読影法
  磁気共鳴画像(MRI)
   1 原理と技術
   2 造影磁気共鳴画像
   3 磁気共鳴血管撮影(MRA)
   4 MRIと最新技術
  脳血管撮影
   1 撮影法
   2 脳血管撮影画像と正常解剖
   3 脳血管撮影が必要な病態
  核医学検査・シンチグラフィ
   1原理
   2 適応
   3 その他
  脳槽造影法
   1 検査の適応
   2 RI脳槽造影法
   3 CT脳槽造影法
   4 脳槽造影と病態
  国試既出問題からみた画像診断のポイント
   1 CTと病態
   2 MRIと病態
   3 脳血管撮影と病態
  チェック問題3

 4 治療(兵頭明夫・鈴木謙介)
  インフォームドコンセント
  薬物治療
   1 意識障害・脳圧コントロール
   2 脳卒中
   3 頭痛
   4 けいれん
   5 感染
   6 化学療法
  手術治療
   1 術前検査
   2 脳神経外科手術のモニター・麻酔
   3 開頭手術
   4 穿頭術
   5 経蝶形骨洞的下垂体腺腫摘出術
   6 内頚動脈内膜剥離術
   7 脳室−腹腔シャント術
   8 先天奇形
   9 脊椎・脊髄疾患
   10 機能的脳神経外科手術
   11 術後管理
  脳血管内治療
   1 脳動脈瘤塞栓術
   2 内頚動脈ステント留置術
   3 脳動静脈奇形
   4 脳動静脈瘻・内頚動脈−海綿静脈洞瘻
   5 脊髄動静脈奇形・脊髄動静脈瘻
   6 術前腫瘍血管塞栓術
   7 脳血管内治療の合併症
  放射線治療
   1 放射線照射機器の種類
   2 適応と実際
   3 合併症
  リハビリテーション
  チェック問題4

Ⅱ 各論
 5 脳腫瘍(松村 明)
  脳腫瘍総論
   1 分類(WHO分類)
   2 症状
   3 脳腫瘍の局在による局所症状
   4 鑑別と診断
   5 治療
  神経膠腫
   1 びまん性星細胞腫
   2 退形成性星細胞腫
   3 膠芽腫
   4 毛様性星細胞腫瘍
   5 乏突起神経膠腫
   6 上衣腫
   7 髄芽腫
   8 中枢神経系原発性悪性リンパ腫
  髄膜腫
   1 定義
   2 頻度
   3 症状
   4 画像診断
   5 病理
   6 治療
  下垂体腺腫
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 症状
   5 画像診断
   6 病理
   7 治療
  聴神経腫瘍
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 症状
   5 神経耳科学検査
   6 画像診断
   7 病理
   8 治療
  頭蓋咽頭腫
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 症状
   5 画像診断
   6 病理
   7 治療
   8 鑑別診断
  胚細胞性腫瘍(生殖細胞腫瘍)
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 症状
   5 血清腫瘍マーカー
   6 画像診断
   7 病理
   8 治療
  血管芽腫
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 症状
   5 画像診断
   6 病理
   7 治療
  転移性脳腫瘍
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 原発巣
   5 症状
   6 画像診断
   7 病理
   8 治療
  頭蓋骨腫瘍
   1 定義
   2 頻度
   3 好発部位
   4 症状
   5 画像診断
   6 治療
  チェック問題5

 6 脳血管障害(溝井和夫)
  脳血管障害の分類と疫学
   1 分類
   2 疫学
   3 危険因子
  くも膜下出血
  脳動脈瘤
   1 病態
   2 疫学
   3 検査
   4 治療
   5 解離性脳動脈瘤
  脳動静脈奇形
   1 概念
   2 病態
   3 診断
   4 治療
  硬膜動静脈瘻
   1 病態
   2 発生部位
   3 症状
   4 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の病態と症状
   5 内頚動脈−海綿静脈洞瘻の病態と症状
   6 診断
   7 治療
  脳内出血・高血圧性脳内出血
   1 病因
   2 高血圧性脳内出血の発生部位と症状
   3 検査
   4 治療
  虚血性脳血管障害
   1 分類
   2 一過性脳虚血発作
   3 アテローム血栓性脳梗塞
   4 脳塞栓症
   5 画像所見
   6 脳梗塞急性期の内科的治療
   7 脳梗塞の外科的治療
   8 脳幹梗塞による重要症候群
  もやもや病
   1 定義
   2 症状
   3 診断
   4 治療
  脳静脈洞血栓症・脳静脈血栓症
   1 病態
   2 原因
   3 症状
   4 診断
   5 治療
  リハビリテーション
   1 リハビリテーションの分類
   2 急性期リハビリ
   3 回復期リハビリ
   4 維持期リハビリ
   5 維持期リハビリと介護保険
  チェック問題6

 7 頭部外傷(小林士郎)
  頭部外傷の分類
   1 荒木分類
   2 Glasgow Coma Scaleによる分類
   3 びまん性損傷
  頭部外傷の発生機序
   1 外力の種類
   2 脳損傷発生のバイオメカニクス
   3 直撃損傷と反衝損傷
   4 一次性脳損傷と二次性脳損傷
  頭部外傷の診断
   1 問診
   2 頭皮および全身の状態
   3 神経学的検査
   4 CT
   5 頭蓋単純X線撮影
   6 脳血管撮影
   7 脳波
   8 頭蓋内圧測定
   9 誘発電位
   10 超音波断層診断法
   11 核磁気共鳴画像法(MRI)
  頭部外傷の治療
   1 軽症例に対する治療方針
   2 中等症・重症例に対する治療方針
   3 頭部外傷の予後判定
  頭蓋軟部外傷
   1 開放性頭蓋軟部外傷
   2 閉鎖性頭蓋軟部外傷
  頭蓋骨骨折
   1 線状骨折
   2 陥没骨折
   3 頭蓋底骨折
   4 視神経管骨折
   5 眼窩底破裂(吹き抜け)骨折
   6 進行性(拡大性)頭蓋骨骨折
  開放性頭部外傷
  急性外傷性頭蓋内出血
   1 急性硬膜外血腫
   2 急性硬膜下血腫
   3 急性外傷性脳内血腫
  脳挫傷
  頭部外傷後遺症
   A.肉眼的病変の著明なもの
   1 骨折に起因するもの
   2 外傷性脳血管障害
   3 血腫
   4 外傷性脳神経損傷
   B.肉眼的病変の著明でないもの
   C.外傷性てんかん
  小児頭部外傷
   1 解剖学的特異性
   2 児童虐待
   3 小児頭部外傷後嘔吐症
  チェック問題7

 8 先天奇形(稲垣隆介)
  神経管閉鎖不全症
   1 二分脊椎
   2 二分頭蓋
  大脳の奇形
   1 くも膜嚢胞
   2 孔脳症
   3 裂脳症
  後頭蓋窩の奇形
   1 Dandy-Walker症候群
   2 Chiari奇形
   3 脊髄空洞症
  頭蓋縫合早期癒合症
   1 矢状縫合早期癒合症
   2 冠状縫合癒合症
   3 多縫合早期癒合症
   4 前頭縫合早期癒合症
   5 症候性頭蓋縫合早期癒合症
  頭蓋頚椎移行部奇形
   1 頭蓋底陥入症
   2 環軸椎亜脱臼
   3 歯状突起分離症
   4 Klippel-Feil症候群
  母斑症
   1 神経線維腫症I型(von Recklinghausen病)
   2 結節性硬化症(Pringle病)
   3 Sturge-Weber症候群
  チェック問題8

 9 水頭症(稲垣隆介)
  水頭症総論
   1 分類
   2 治療
  小児水頭症
   1 先天性水頭症
   2 出血に伴う低出生体重児の水頭症
   3 感染後水頭症
   4 鞍上部くも膜嚢胞に伴う水頭症
  特殊な水頭症
   1 正常圧水頭症
   2 中脳水道狭窄症
  チェック問題9

 10 炎症性疾患(周郷延雄)
  脳膿瘍
   1 感染経路
   2 発生部位
   3 起炎菌
   4 年齢
   5 症状
   6 診断
   7 鑑別診断
   8 治療
   9 予後
  硬膜下膿瘍
   1 発生原因
   2 発生部位
   3 症状
   4 診断
   5 治療
  硬膜外膿瘍
   1 症状
   2 診断
   3 治療
  チェック問題10

 11 機能神経外科(片山容一・永岡右章)
  機能神経外科の概要
  難治性疼痛
   1 三叉神経痛
   2 その他の難治性疼痛
  不随意運動
   1 錐体外路系の機能
   2 Parkinson病
   3 Parkinson症候群
   4 その他の不随意運動
   5 顔面けいれん
  てんかん
  定位脳手術
  チェック問題11

 12 脊椎・脊髄疾患(山田和雄・大蔵篤彦)
  脊髄・脊椎の解剖
   1 脊髄
   2 脊椎
  脊椎・椎間板障害
   1 頚椎椎間板ヘルニア
   2 頚椎症
   3 頚部脊柱管狭窄症
   4 後縦靭帯骨化症
   5 黄色靭帯骨化症
   6 胸椎椎間板障害
   7 腰椎椎間板ヘルニア
   8 腰部脊柱管狭窄症
  脊髄腫瘍
   1 髄内腫瘍
   2 硬膜内髄外腫瘍
   3 硬膜外腫瘍
  脊髄動静脈奇形
   1 脊髄の血管解剖
   2 種類と症状
   3 診断
   4 硬膜動静脈瘻
   5 脊髄前動静脈瘻
   6 脊髄内動静脈奇形
   7 その他の脊髄血管障害
  脊椎・脊髄損傷
   1 脊椎骨折の原因別分類
   2 脊髄損傷の症状
   3 画像診断
   4 治療
  脊髄空洞症
  チェック問題12

 13 末梢神経の外科(山田和雄・大蔵篤彦)
   1 末梢神経の解剖
   2 末梢神経損傷
   3 絞扼性神経障害
   4 胸郭出口症候群
   5 末梢神経腫瘍
  チェック問題13

TOP   


<<戻る
 675304